フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« 新宿プリンスホテルALITALIA☆ | トップページ | procrastinatingあ~やっと確定申告終わったぁ~あ~さて、TOEICだ!! »

2009年2月25日 (水)

結婚について・・

C_559_field_10 いやあ・・参りましたねぇ~(笑)

だってもう、今日はこのテーマで行こうって思って、ウェディングドレスの映像をネットで探してたら、もう、知らぬ間に夢中になっている自分が・・

アタクシ、結婚願望ないはずじゃあなかったんでしょうか?(笑)まあ、深層心理の奥底に秘めたる結婚願望の現われなんでしょうか(笑)

ま、ぶっちゃけ、今度するんなら、このドレスを着させてくれる経済力のある方希望ということで(いい加減にしなさいpaper・笑)

さて、なんでこんな物議をかもしだしそうな話題を今日はするのかというと・・

まあ、この、一つにはアクセス数を上げたいという姑息な思いと(笑)

あと、こないだセンチュリーハイアットホテル行ったら偶然ロビーウエディングやってて、色々考えたので、それで、今日はこんな話題ですnote

さて、また長くなりますよ・・

ウィットロック慶子の結婚観一挙公開ということで、どんなに読んでも今日はTOEICの「ト」の字も出ないと思うのでよろしくお願いします(笑)

え・・まず、ロビーウェディングに偶然出くわし・・

格式高い留袖やタキシードを身にまとった親御さんたち、それから、上品にドレスアップした新郎新婦のご友人・・

なんだか、とにかく、ものすごく「良い空気」でつつまれたロビーの中で、なんか、幸せな、愛された感を感じ、少し見物してましたnote

花嫁は、若く美しく、純白のウェディングドレスに身をつつみ、いかにも、けがれのない、清純で清らかなまだ、だれも触れることのない、それはあたかも、やっと花開いた真っ白な薔薇のつぼみ・・shine

この、美しく、愛らしい、そして、大切にそっと守ってあげないと、溶けてしまいそうな、この宝物のような花嫁を、この新郎は、今日、この日から、独り占めにするんだな・・

今まで長い間待った・・待ちに待ったこの日・・

この美しく清らかな新婦は、そう、あなたのものに・・

とか、すっかり乙女気分でロマンにひたるもつかの間・・

おいおいsign03そりゃあないだろと・・(笑)

いやはや、いまどき、結婚しようとまで考えたんだから、もう、そんなことは、とっくの昔にお済みになってるでしょうと・・(笑)

しかも、一回や二回じゃないでしょうよと・・

おまけに、新婦さん、他にも色々元カレとかいたでしょうよと・・

今さら、新婦のものにもへったくれもないでしょうよと・・

新婚旅行も、別に、旅行は楽しいけど、やっと一つになれたもへったくれもないでしょうよと・・

そんなことをふと考え始めたアタクシ・・

ああ・・・・結婚とは何なんだい・・

さて、長くなります・・心の準備はよろしいでしょうか(笑)

えっとですね・・

そもそも人間という生き物がこの世に存在していること自体が、ま、いわば不可解なわけですよ・・

でね、人というのは、どうも目的を理解したくなるようにできてるようでね・・

ま、色々あるけど、そのうちのかなり有力な考えとしてはね・・

「子孫繁栄」でしょうよ・・

「子孫繁栄」をせっせとするように、男と女は種の保存に必要な性質を、ちゃんと持ちあわせて生を受けてますね・・

たとえば、男性は、なるべく広範囲に子孫を増やしたいという欲望・・つまり浮気願望がちゃんとあるし・・

女性は、子供を無事成人させるための巣作りに必要な男性の狩をする能力、つまり、身体的能力、スポーツ万能なカンジとか、力強さとか、現代でいえば経済力とか競争を勝ち抜いて獲得しえた社会的地位とかに惹かれるようにできてるわけだ・・

でね、結婚ってのもうまくできてるって思うわけだわ・・

男性は、種の保存のために、強い○欲をもち、女性対して異常に興味をもつわけだ・・でも、それだけだと、その○欲をご都合よく満たしてくれる女性はそうそういないので、せっせとコミットメントを持つわけだ・・コミットメントなしで○欲を満たせるという都合の良い状態はよっぽどモテる輩のみであり、普通は、それとひきかえにコミットメントを女性に提供する・・

色々な本に書いてあったが、男性は性を得るために愛を与え、女性は愛を得るために性を与える、ということらしい・・

そんなわけで、うまい交換条件が整のってるわけだ・・

女性も、不安感が強くできているので、社会的不安、愛されてる感の欠如からくる不安・・そんなものを、とりあえず、一時的にでもまぎらわすために男性からの、真実であろうが虚偽であろうが、「自分に興味をもっている」という態度や証を必至に求め、不安感からはいあがろうとする・・

昔は、結婚=性だったわけでしょう・・

結婚しなくっちゃ、性を得ることはできなかったでしょう・・

でも、いまやどうだい・・

結婚するまで誰も知らないってのは、だいたい、よっぽどモテないか、それか熱心なクリスチャンくらいですよ・・

だから、ぶっちゃけ結婚しなくたって、あんまり変わらないんじゃないの?

特に結婚式の意味がわからん・・

ま、周囲に「結婚しましたよ」って告知するくらいしか、意味ないでしょ・・

でもね、アタクシ思ったよ・・

もしね、新郎は、この日、結婚式の日まで、新婦に一切触れてなかったとしたら・・

本当に、この日は待ちに待った特別な日になるよね・・

新婦も、自分はこんなにも大切にされて、愛されているって実感できるよね・・

そして、この日、純白のドレスに身をつつんだ花嫁と結ばれる時・・

想像してみようよ・・

ついに、二人が結ばれる時・・

感動はいくばくか・・

いや、感動だなんて言葉で表現しつくせないだろう・・

生きることの素晴らしさの頂点に達し、自分がこの世に受けた性をすべてのものに優って満喫することだろう・・

そして、そのことはこれからも、人生の中で、最も魂の震える出来事として、人生のド真ん中に素敵な愛のメモリーとして、いつまでもいつまでも燃え続けるのだろう・・

なんてね・・(笑)

やっぱね、こりゃ、間違ってるよ・・

ごめんね、みんな・・

ま、自分のブログの中くらい、ちょっと言いたいこと言わせてね・・

寂しいから彼氏が欲しい→○ッ○しなきゃあつきあってもらえないから○ッ○する

この構図で幸せになってる人多いと思う・・

でも、そこで言う「幸せ」って何かな?

実は、そんなの「幸せ」じゃないのかもよ?

そのやり方で、本当に「寂しさ」を埋めること、できたことある?

彼氏に毎日毎日メールや電話してもらって・・

それでもまだ寂しい・・

寂しいのは彼氏のせいといわんばかりに・・

彼氏は寂しさを埋めることはできないよ・・

彼氏がいなくても寂しくない・・

そんな精神構造をマスターしたら・・

そうしたら、彼氏ができたとき、自分の寂しさを埋めることじゃあなくて、その彼氏を幸せにしてあげるにはどうしたらいいか、ってことに焦点を向ける余裕ができるんじゃないか・・

男性も、もし本当にその女性を愛していて、結婚してもいいと思ってるんなら、ま、結局そのうち一つになれるんだから、結婚式まで待ってみたら・・

ものすごく素晴らしい体験ができるんじゃないかな・・

なんてね・・

生意気なこと申しました・・

まね、アタクシ、大昔の離婚以来、もう結婚はこりごりと思いつつ、今まで独身生活を満喫してまいりましたが・・

ま、このまま独身でもよし・・

ま、これぞという方に出会えれば、結婚もよいだろう・・

でも、アタクシは、次に結婚する時は、その感動の「清い」結婚式を迎えるおつきあいしかしませんよ・・

今のアタクシにとって結婚って、そういう神聖なるもの・・

ま、とりあえずはTOEICに恋してるんで、あんまり寂しくないんで・・

ということで、めでたくTOEICで話を締めることができました(笑)

« 新宿プリンスホテルALITALIA☆ | トップページ | procrastinatingあ~やっと確定申告終わったぁ~あ~さて、TOEICだ!! »

生きるということ」カテゴリの記事

コメント

タイトルに釣られて見に来ました。
妙に納得しました。
TOEICに恋してる、はちょと寂しい。

ゲンさん
・・ということは、この長文最後まで読んでくれたんですね!
ありがとうございます!(涙)

これは、いわゆる、突っ込んではいけない話題ってやつですね(笑)

といいつつ、書き込むあたりが、わたしの天邪鬼なところですが。

生物の目的が自分の遺伝子を残すことであるとするならば、

オスにとっては、より多くのメスと交配するのが得策であり、メスにとっては、一匹のオスを捕まえておいて、自分の世話を見させるのが得策です。

この違いは、メスの場合は子が生まれてくるまでの期間、新たなチャンスがないという、オスとメスの機能差によります。

結婚は、自分の遺伝子の保存するという目的に適っており、その点ではオスとメスの利害が一致しています。

人間の場合、感情的な安定を保つためや、社会からの恩恵を受けるため、社会の秩序を保つためという側面もあると思いますが。

ただ、生物の目的は自分の遺伝子を残すことであっても、人間の目的や、ましてや魂の目的は、別のところにあるとは思います。

結婚するまで、相手の身体を知らない方が良いというのは、もうちょっと考えを進めると、結婚するまでは相手を知らない方が良いにも繋がるのかな。

そうすると、全く知らない相手と結婚するのが良い、極論だって言われそうですね。日本もちょっと前まではそうでしたけれど。

でも、良く知らない相手と結婚したいという人は、今は少ないでしょうね。

誰でも愛せるなら別ですが。。。神の愛ってのはそういう愛ですが、人間の愛もそうあるべきでしょうが。。。それは、結婚とはまた別のものかも知れませんね。

あるいは、人間を心と身体に分けるならば、心は知っておいたほうが良いが、身体は知らない方がよいってことなのかな。心は素晴らしく、身体は汚らわしいものだから?

愛しているならば、過去も、身体も、どうでも良いことなのかも知れませんね。

でも、愛していることって。。。相手の何を愛しているんでしょうね?心?身体?それとも?

そもそも、愛することって。。。人は本当にその意味を知っているんでしょうか?

特に質問ではないです。独り言のようなものです(笑)
考え方は人それぞれで、良いのだと思います。

陛下さん
これまた、最後までちゃんと読まないと書けないような感想、本当に感謝です☆

ま、そうですよね、結局「愛」ってなんだに達しますね・・

ぶっちゃけ、正直自分が人を好きになる時の心の内を吟味してみると・・

愛されてる感・・
見た目の萌え度・・
性的魅力・・
社会的繁栄度・・

なんか、そんなのですよね・・
その人を幸せにしてあげようっていう気持ちは、自分のありかた次第で、一度この人と決めれば、どの人でも、愛してあげられるような気もしますね・・

私が結婚してたのは、ほんのちょっとの間でしたけど、そこから学んだものは、やっぱ、恋愛熱はいつか終わって、その後どうやってこの全く違うタイプの元他人と共に人生を歩んで行くためには、やっぱり、無償の愛(神の愛)がなきゃ不可能なんでしょうね・・

うぁ深いですね~と言いつつ
妙にというかまさに納得♪
さらに惚れ直しました^^

ブレンダンさん
お久です♪
これからもよろしくです☆

東京に来たので近々逢いに行きます♥delicious

相手に求めてばかりではなくて、与え続けてゆけるようになりたいです。
そのためにしっかり充電します。

ブレンダンさん
おっと、最近猛勉強のため飯能の山奥にこもりっきりでしたよ♪

こうまさん
読んでくれてありがとうございます!
相手の気持ちになるってなかなかできることじゃあないですよね・・
私も頑張ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/28361488

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚について・・:

« 新宿プリンスホテルALITALIA☆ | トップページ | procrastinatingあ~やっと確定申告終わったぁ~あ~さて、TOEICだ!! »