フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« インフルエンザかな? | トップページ | 今日は西新宿野村ビルのサンマルク »

2009年10月14日 (水)

自分の顔は好きですか?

Img_2 最近化粧した顔しか見せたことのないカレシに、私の顔が好きではないので、整形してくれと頼まれたウィットロック慶子です☆どうも(笑うとこではありません)

その結末はもうおわかりですね・・

言うまでもありません・・

化粧してると、みんな綺麗だ綺麗だって言ってくれるから、美人なのかなとか、勝手に思い上がってたが(笑)

よくよく考えれば、そんな美形じゃあないんだな・・

まあ思うに・・

やっぱりなんだかんだ言って、見た目って大きな影響力がありますよね・・

それはやっぱり現実として否定できません・・

ボルちゃんだって・・

私がボルゾイを選らんだのはその見てくれが好きだから・・

見た目で選らんだわけです・・

やっぱり男性だって、見てくれが重要です・・

でも最近思います・・

男性はことさら女性の「見てくれ」に大きなこだわりを見せます。

そういえば、ある男性のことを思い出しました。

その人はお見合いをして、某女性と結婚しました。

その人は決して美人ではなく・・

というより、ぶっちゃけ絶対美人ではなく・・

でもとっても性格の良い人でした・・

で、その男性のお父さんがいつも言ってました・・

「あのお嫁さんの顔は○○○に似ているんだ・・愛嬌があって、落ち着くよな」

その言い方は、笑顔を浮かべ、愛着を込めているようにも見えるのですが、なぜか、心のどこかに「美人と結婚できなかった息子がフビンでならない」というような、息子がふびんでみたいな・・

そんなオーラがただよっていて・・

なんか、すごく気になったのを覚えています・・

美人と結婚する、ということは、一つの男としての社会的な自信を裏付けるものなのか・・

でもね、女性側からすると・・

美人って何だろう・・って思うよ・・

美人かどうかって、相対的なものだよね・・

美人な人ってのは女性の全人口でたった一握りでね・・

残りの人はみんな美人じゃないんだよね・・

で、もしみんなが美人になったらなったで、また美人の中で相対的に美人な人と美人じゃない人が生まれるわけだからね・・

だから美人な人が美人と言われるために、美人じゃない人が必要なわけだね・・

世の中美人じゃない人の方が多くて、その美人じゃない人だって1人1人づつパートナー見つけて結婚していくわけだよね・・

でも確かに男性は一部の美人な人達を女性の中でも特別視する傾向があるよね・・

でも女性にはいくつになっても、「綺麗だ」って言って女性として愛されたいっていう本能があって、それは本当に綺麗な人もとても綺麗とはいえないような人も、全員女性であるかぎり、そういうのがあって、それで、それが満たされないと、幸福感を得にくくできてると思う・・

世間一般では美人とされなくても、自分のパートナーにだけは綺麗だって言われることが女性には必要なんだよね・・

それは、世間一般ではとても人から尊敬されることがないような男性だって自分のパートナーからだけは尊敬してもらえるように、そんな風に男女関係ってできてるのと同じなんじゃないかな?

私は思うよ・・

もし自分がもっと美人だったら・・

そんなことを考えて、

美人になれば、色々な問題が解決するに違いないって思って

整形したとしよう・・

問題は解決するだろうか?

神が私をこの世に誕生すると決めた日、

神は私をどういう人間にしようか、ワクワクしながら考えてくれたに違いない・・

どんな性格で、どんな特技をもっていて、そしてどんな両親のもとに、そしてどんな国で、そしてどんな人種で・・

そしてどんな顔で・・

その時、神がテキトーにま、こんなんでいいだろ、って私の顔が決まったんだろうか?

いや、そうは思わない・・

神は私という人間に一番最善の顔を選んだ・・

この顔は人類が誕生して以来、二つとない、たった一つの顔だ・・

この顔であることに、必ず大きな意味があり・・

科学の力で神がくれた大切な顔を人間の勝手なわがままで変えて、

一瞬良くなった気がしても、

それは絶対に幸福とはかけ離れたものなはずだ・・

今あるものに満足する・・

今もっているこの顔は完璧ではないかもしれない・・

もちろん、テレビに出て女優さんになったりできるようなレベルではない・・

ま、そんなに美人になる必要もないのだが・・

でも、自分のこの、欠点だらけの顔を感謝する・・

これが自分の顔を愛することであり・・

そして、自分を愛するということにつながる・・

自分の顔を愛せない人は自分を愛せない・・

そうしたら何がおこると思う?

そう・・

人を愛せないんだ・・

人の顔を愛せない・・

だって欠点のない顔をもった人なんて、まあ、まわりには1人もいないもんね・・

目が二つあること・・

鼻や口があること・・

顔があること・・

十分じゃない?

感謝だな・・

私はこの顔に感謝して、この顔でこれからもガンガン前に進むup

« インフルエンザかな? | トップページ | 今日は西新宿野村ビルのサンマルク »

生きるということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/31787751

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の顔は好きですか?:

« インフルエンザかな? | トップページ | 今日は西新宿野村ビルのサンマルク »