フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« 今年のバレンタインデーは… | トップページ | 後ろを振り返らない! »

2011年2月 9日 (水)

さようなら★ボルちゃん

★★★無料TOEIC診断★★★

全然勉強しないで200点UP

★★★する方法教えます★★★

Dsc00464_3 おとといブログに赤ちゃん用のミルクのことを書いた・・

詳しくはコチラをクリック★

それから、ボルちゃんにそれを飲ませたら、喜んでくれた・・

でも、ミルクでさえも、飲み込むときに、「ググッ」という音がして、

飲み込むのが難しくなっているんだなと思った・・

その日はボルちゃんが一晩中泣いていた・・

おむつもきれいだし、ミルクもたっぷり飲んで・・

なんで泣いてるのかわからなかった・・

朝になってもまだ泣いてた・・

体力がもうあんまりないのに、こんなに吠えつづけるのも、

しんどくないのかな・・

ずっとずっと吠えつづけてた・・

なんで吠えるのかな・・

痛いのかな・・

床ずれが痛いのかな・・

神に祈った

「ボルちゃんが痛みとか、苦しみとか、悲しみとか、

そんなことをもう感じることがありませんように」

昨日はレッスン等はあったけど、ずっと飯能にいたので、

ミルクを少量を数回に分けてあげていた・・

けっこうグイグイ飲んでくれた・・

夜、ジャズダンスのレッスンから帰ると、

ボルちゃんはまだ泣いていた・・

なんでこんなに吠え続けるんだろう・・

体力ないのに・・

おむつはやっぱりきれいだし・・

ミルクを飲ませてあげようとした・・

不思議だった・・

ミルクを飲もうとしなかった・・

なんでだろ・・

ま、今日は何回もあげたからな・・

床ずれの一番ヒドイところの手当てをした・・

すごくひどかった・・

きっと凄く痛いんじゃないかって思った・・

もうヒドイところが一番よく当たってしまう、

ボルちゃんのお気に入りのポーズにならないように、

気がついたら体を戻すようにした・・

私がとなりに座って色々してたら、吠えるのをやめた・・

静かになった・・

私がボルちゃんの横でテレビを見ていたら、

ボルちゃんは静かになった・・

ボルちゃんは目を閉じた・・

そりゃそうだろう・・

ほぼ24時間吠えっぱなし・・

相当疲れてるはず・・

疲れて寝ちゃったんだな・・

私は次ぎの日BSFで朝がものすごく早いので、

ずっとボルちゃんと一緒にいてあげたかったけど、

ボルちゃんも寝ちゃったことなので、

1時ちょっとすぎにお風呂に入って寝た・・

ずっとボルちゃんは静かだった・・

それで次の朝、つまり今日、

7時に起きて下に行った・・

ボルちゃん、今日は随分静かだったんだな・・

なんでだろ・・

ボルちゃんに会いに行った・・

ボルちゃんは死んでた・・

息をしてなかった・・

「ボルちゃん」と読んでも反応がなかった・・

目がなんか縮んでくぼんでた・・

体がすごく堅くなってた・・

BSFのグループリーダーに電話した・・

今日は休みますと・・

ふと外を見た・・

雪が降っている・・

一面真っ白に・・

たくさんたくさん

綿でできたカスミ草が

たくさんたくさん空から舞い降りてくるみたい・・

真っ白で白銀のボルちゃんのように・・

雪が一面に窓からの風景を覆った・・

キレイだな・・

耳には聞こえない・・

目にも見えない・・

でも、確かに、私の魂が何か霊的な言葉を聞いた・・

「まま、今までありがとう・・

ボクはママに色々面倒かけなかったかな?

ままは、自分は良い飼い主じゃなかったと思ってるみたいだけど・・

ボクはこんなママが、そのままで、とっても大好きだったよ・・

ずっと天国からままを見てるよ・・

じゃ、さようなら、まま」

美しく柔らかな雪がしんしんと降りつもる中、

ボルちゃんとの思い出の深い裏庭に穴を掘りはじめた・・

掘って・・

掘って・・

掘り続けた・・

掘った・・

掘った・・

ただひたすら堀続けた・・

「まま、あんまり思いつめないで・・

ボクのために土を掘ってれば、

きっと気持ちの整理がつくよ・・」

ただただ堀つづけた・・

今日の夜、KING君と2人でぼるちゃんを裏庭に埋めてあげます・・

「感謝」という大輪の白い薔薇の苗と一緒に・・

ぼるちゃん、今まで本当にありがとう・・

いろんなことをありがとう・・

たくさんたくさんありがとう・・

ボルちゃんのおかげで、色々なことを学んだよ・・

たくさんの笑顔をほんとうにありがとう・・

これはボルちゃんとの思い出の動画です↓

« 今年のバレンタインデーは… | トップページ | 後ろを振り返らない! »

超大型老犬ボルちゃんの介護日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/38803610

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら★ボルちゃん:

« 今年のバレンタインデーは… | トップページ | 後ろを振り返らない! »