フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« 乗り物ドタバタ劇再び(笑)☆Keiko Arigatoのハリウッド珍道中 | トップページ | たった一か月で85点UP★Tさん★990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

2012年10月27日 (土)

マッチョなイケメンが・・☆Keiko Arigatoのハリウッド珍道中

Images

最近毎日通ってます、ゴールドジムです。
アメリカでマッチョの殿堂といえばゴールドジムなのですが、
日本でもLAでも通えるってんで、ユタで入会しました☆

今日はそのアメリカのスポーツジム事情をご紹介します☆
まず、広いです。
日本は狭くて立てに長い。
つまり、ビルの何階かにまたがったりしてても、とにかく狭い。
アメリカは、とにかく横にすごく広いです。
まあ、なんでもアメリカはそうですけどね☆

で、どうやら、設備をみても、パーソナルトレーナーの話を聞いても、
ここは、ダイエットとか健康とか、そんなんよりも、
とにかく「マッチョ養成所」みたいです。

とにかく、マシンの種類と量がはんぱないです☆
あと、来てる人のまあ、70%くらいが、そのうち一人でも日本のジムにいたら、
もう思いっきり目立ってしまいそうな、超マッチョです。

なんか凄いです☆

私は筋肉大好き女子ですが、
白人の前夫のおかげで、白人苦手女子になりましたので、
一応平静を保つことができますが、
好きな人にとったら、こらぁたまりませんぜ、旦那・・

しかも、とにかくマシンコーナーが、
そうだな、日本なら、たぶん、中野サンプラザのアリーナくらいあるので(いや、ホントに)なんか、いろいろその中でも、場所によって自然に分類分けされてるっていうか・・

私みたいな、弱~い人(ホントにここでは細くて弱っちい人なんだってば)
は、前方の軽いマシンのあたりに固まってるんだけど、
その後方のスタジオの入り口まわりの、
ウェイトとかがあるあたりは、
もう、これでもかっていうイケメンなマッチョの大群が。。

スタジオに入る時にはなぜかドキドキしちまうのは、なぜかな。。
こないだは、その入り口近くのマシンでトレーニングしてたら、
私の目の前のポールで懸垂をするために、
イケメンなマッチョさんが、
私の目の前にいたんだけど、
まあ、それが、目の前でこっち側に顔むけてるから、
目が合うわ合うわ・・
しかも、もう筋肉で重装備していかにも重そうなボディーを
腕の力だけでもちあげちまうって、
本当に凄い!!
しかも、ほぼ裸同然の姿なので、
その懸垂している時の腕や肩の筋肉の動きが、
ものすごくよくわかる。。

こりゃあやばいですぜ、旦那。。

というわけで、
色々日本のジムもけっこう行ってる私ですので、
日本とアメリカの違いをここでまとめてみることにいたしましょう☆

1、細かいきまりがない
まず、上履きと外履きの違いがない。みんな、外からきたままの靴でやっちゃう。
スタジオくらいは、靴はきかえるのかと思ったら、スタジオまで、外歩いてきた靴でやっちゃってる。。
日本なんて、上履きなかったらやらせてくれないよね。。
しかも、コナミなんか、ここからここは外履き禁止とか、ここからここは、室内履きも禁止とか、すごく細かくうるさいし、おまけに、ちょっと間違うと、ジムに来てるおばさま方から直々のお叱りを受けるんだから。。
んで、ロッカーも外履きのまんま。。
プールなんて、TシャツでもOK。
日本なんて、キャップかぶらないと入れてくれないよね。。
しかも、このレーンは歩く人
このレーンは25mとまりながら泳ぐ人
このレーンは25mとまらず泳ぐ人
とか、
それとか、右側通行とか、追い越し禁止とか。。
アメリカ、そんなのなんでもOK

マシンをいちいち使うたびにタオルで拭かないといけないとか、
セット期間中はマシンを離れないといけないとか・・
おもりはいちいち一番上に戻さないといけないとか
そんなのアメリカは一切なし

2、人に気をつかわない
たとえば、スタジオで、
整理体操になると、つまんないみたいで、勝手にギアをかたづけて、
何も言わずに帰っちゃう。。
しかも、一人や二人じゃない。。
けっこうみんな帰っちゃう。。
先生が可哀そう・・
しかも、整理体操って大切なのに。。
日本なら、先生に対して失礼って思っちゃうけど。。
で、むしろ、先生がみんなが整理体操中に帰らないように、
おもろい話でつなぎとめながら整理体操したりしてて、痛々しい・・

こんなことも我慢できないのかな。。

全体的にそう思う。。

映画館があって、
本当の大きい映画館だよ。
映画館があって、そこにランニングマシンがあるんだけど、
そうすると、歩くのが苦にならない。。
でも、私もっと苦しみに耐えられるけどな。。

甘いものだって我慢できないけど、
アメリカって糖分2gの本当に甘いバーとかあって、
全然我慢しなくても生きていける・・

こんなに今まで我慢してたことが、我慢しなくても良いとなると、
これから日本にかえってから使いものにならなくなりそうで怖いほどだよ。。

それとか、私が用意してたマットとか、知らない間にあとで入ってきた人が使ってたりとか、あれ、おどろいた!
あれ、日本だったら、おばさまたちに影でいろいろ言われて怖いけどなぁ~

3、なんでも自分でやらないといけない
アメリカは、そんなに我慢とかしなくていいし、
人に気をつかわなくていいし、
気が楽なんだけど、
その分、なんでも自分でやらないといけない。。

日本はいろいろ気をつかって大変なんだけど、
結局人に頼ってどうにかなる。。

アメリカでは、自分で何でも解決しないと何も始まらない。。
たとえば、最初、まず何していいかわかんない。。
だから自分で何かはじめないといけない。。
私の場合日本のジムの経験があったから、
多少どうすればいいか見当がついたけど、
そうじゃないと、あれは、普通の日本人なら泣いちゃってたと思う

まず、私の場合、
「この場所の地図はある?」
って聞いた。だって日本のジムにはあるでしょ?
「そんなのないよ」
って、じゃあ、案内してよ!日本は最初の人は、絶対案内とか説明とかしてくれるよ、っていうか、説明してない人は使っちゃいけませんぐらいの勢いだよね!
なに?このジムには、きまりというものがないの?
「じゃあ、まずロッカーはどこ?」
やっと親切なスタッフがロッカーをおしえてくれた。
「ロッカーの鍵の開け方とかは簡単?」
だって、そういうこと、日本では、絶対教えてくれるでしょう?
「ロッカーの鍵は自分で持ってくるのよ」
あ、そうだ・・
これ、きっとアメリカでは常識なんだ・・
LAのホステルでもそうだった・・
もう、あとは、自分で探検するしかない!

で、自分で隅から隅までジムを探検し。。
で、スタジオのスケジュールも自分でゲットし。。
プールは一番入りたいとこだが、
一番勝手がわかりづらいとこみたい。。
で、しり込みしてるってのもあるけど、
実は、こないだの流血の頭の傷が完治してないから、まだ入ってない。
一週間たった月曜日に入る予定。
その時がちょっと怖いな。。
で、すごいのは、よくトイレにある、手をかわかす風が出てくる機械あるでしょ?
あれの下に頭をおいて、あれをドライヤー代わりに髪を乾かしてる人がいて、
ちょっとびっくりしたけど、実はけっこうみんなやってる!!

あと、トイレの手をふく紙がでる機械あるでしょ?
そういうのが、ジムのそこここにあって、
なななんと、みんなそこから紙をとって、自分の汗ふいてるんだよ!
びっくりだよ!

4、女性専用マシンルームがある
これはいいよ~
なんだろね。。
とても良いです☆

で、一般のマシンは、もう、ぶっちゃけ、私はウェイトは一番上か、むしろ、はずしちゃったりしないと動かない程の、怪力さんに焦点を合わせたつくり(汗)
だから、女性専用ルームは、きっともっと女性に合わせてるんだろうと思ったら、
おっとどっこい☆
アメリカは女性も強いんだわぁ~
女性用マシンも、私の力では、そう簡単には動きません!!

5、スケールのドでかい映画館!!
とにかくこれは凄いの!!
私の一番のお気に入り!

ランニングマシンで走りながら映画見れるんだよ・・
しかも、毎日違う映画なんだよ!

でも、まあ現実、走りながら映画って見れないのね(笑)
だから、時速2マイル、まあ3キロ?(遅っ!)
くらいで、ずっと歩きながら見てるよ。
2時間があっという間に過ぎるし
全然苦にならないよ。

毎日違うタイプの映画でね。
コメディーとかアクションとか、歴史ものとか、シリアスものとか・・
今日のは、なんだろ、この未来型アクションシリアス系?
泣いたよ・・涙ぽたぽた垂らして泣いたよ。。
色々ベトナム戦争とか、徴兵のこととか、真剣に考えさせられたよ。。
で、笑えたのが、
私の前で自転車マシンをこいでたおじさんが、もう、こぐのやめて、

ただ、普通に映画みてんだよね(笑)
だって、ここ、本当に普通の映画館なんだよ!!
凄いな!!
明日も見るんだ!
明日の映画は何かな☆

とにかく、なんだかんだ言いましたが、
結論としては、
私はこのジムが大好きです☆

でもって、最近毎日来て4時間くらいトレーニングしてます。
なんか、今回の渡米は筋肉留学みたいです(笑)
でも、女優の仕事は、撮影のない時は体鍛えるってのがまあ、本筋だよね☆

というわけで、今回の目的は女優活動そのものというよりは、
本格的な女優活動に必要なあるもののための、渡米なので。。
でもそれでも、この田舎町のユタにも、アクターがいるみたいで、
そういうサイトも見つけたり、エイジェントも探したりしてます。
では、次回はその女優活動についてお話しますね☆

Keiko Arigatoことウィットロック慶子のホームページ
http:www.keikowhitlock.com/




一応

« 乗り物ドタバタ劇再び(笑)☆Keiko Arigatoのハリウッド珍道中 | トップページ | たった一か月で85点UP★Tさん★990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

Keiko Arigatoのハリウッド珍道中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/47607239

この記事へのトラックバック一覧です: マッチョなイケメンが・・☆Keiko Arigatoのハリウッド珍道中:

« 乗り物ドタバタ劇再び(笑)☆Keiko Arigatoのハリウッド珍道中 | トップページ | たった一か月で85点UP★Tさん★990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »