フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« 富士登山レポートその5 山小屋到着!3畳に5人ザコ寝!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL | トップページ | 自己最高の850をとりました!最近クラスで集中的に行っている読解問題読みこみも、少しずつ成果がでていると思います!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

2013年8月23日 (金)

富士登山レポートその6:感動のご来光目指して頂上へGO!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL

第6章:感動のご来光目指して頂上へGO!

さて、朝1:00に起床。なにも食べずに水だけもって、頂上へ向かう。

外は真っ暗。人の数が凄い!

今まで時間をずらしてそれぞれいろんな山小屋へと向かっていたたくさんの人たちが、いっぺんに同じ時間に上るものだから、もう、花火大会みたいに人が多い。

「絶対はぐれないように、前の人にぴったりくっついてね!」と福井さん。

朝1:00の富士山は、もちろん真っ暗!

やっぱり、ここが一番危険な部分なだけあって、福井さんも真剣だ。

同じ会社のツアーが他にも2つあって、この部分だけは、他の2つと合流して、

60人の長い列になる。ガイドも4人いて、真剣さが伝わってくる。

私達もここが一番の気を張る場所だってわかってるから、一人ひとりがしっかり後について行ってる。

みんな頭にヘッドライトをつけて、ひたすら山頂へと向かう。

ふと下を見た。ヘッドライトをつけた無数の登山者たちが7合目くらいから、ずっと一列になって蛇行して動いている。

綺麗だ!

蛍(ほたる)か、クリスマスキャロルみたい!!

みんな、山頂に登って、日本一高い富士山の山頂に登って、日の出が見たいんだ!

こんな夜中に起きて、

みんなみんな、日の出が見たいんだ!

なんだろ・・

人間っていいなって思った・・

そして、こんなに苦労してたどり着いたご来光・・

どんなに感動するだろう・・

なんだか、想像しただけで、涙が出てきた・・(笑)

気分はAmazing graceだろうなあ・・

もし、私がAmazing graceを歌い始めたら、みんなも一緒に歌ってくれるかなぁ~

もし、そこで、ご来光を見ながら、みんなでAmazing graceを歌ったら、感動だろうなア~

外人のツアーなら、それ、みんなやってくれるだろうなあ~

でも、イスラム教の人もいるかもしれないし、それは押し付けがましいかな~

あ、そうだ、プロのシンガーとかがいて、アカペラとかで歌ったら、感動だろうな~

ア~アニソンの帝王のアニキとか、いたら、歌ってくれるんだろうなぁ~

そういえば、アニキ、登山趣味って言ってたな~

 

そんな考えるだけで、勝手に感動してた(笑)

真っ暗な一番危険な山道で、福井さんが「5号車左いきま~す」と叫ぶ。そこを左に行かないと、はぐれてしまう!

はぐれたら、一巻の終わりだ!

でも、福井さんの声は後ろまで届かない!

声のデカさが自慢の私は復唱した!

「五号車左!」

余計なことしちゃったかな・・

で、また福井さんが言った

「この木の枕は霜があって滑るから踏まないで!」

大切なことだって思ったし、最後尾まで聞こえてないって思ったから、

またドデカい声で復唱した。

「この木の枕は霜があって滑るから踏まないで!」

よけいなことしてるかな・・

でも福井さんが言った

「助かるわね・・」

よし!福井さんのお許しが出た!

福井さんは、助かるって思ってくれてる!

それから、福井さんの掛け声には、毎回デカイ声で復唱することにした!

 

休憩をすると、すぐに寒くなる。

山小屋のジャパネット社長が言ってたとおり、

ここは、本当に冷凍庫並みの寒さなのかもしれない・・

動き続けてるから、わかりにくいけど・・

さて、歩きだしても、手と足が冷たい。。

手は手袋をしてるんだけど、それでは足りないようだ・・

ダウンとレインコートの中に手を入れて、それで手はどうにかなった・・

けれど足が・・

これも、まじでやばかった・・

歩けば暖かくなるんじゃないかと思ったのに、

歩いても歩いても足がかじかんだまんま・・

冷たいくらいならいいんだけど、

もう、やばい冷たさで。。

凍傷になるんじゃないかってほどで・・

それからは、休憩の時でも足踏みをずっと続けることにした・

「ちょっと集まって」

と、その合同グループのチーフみたなおじさんがガイドたちを集めた。

遠くで話し合ってるんだけど、

他に音がないんで、聞こえてしまう。

「なんでオレが集まってって言ったのかわかる?」

「あのさ、福井さんさ、さっき他のグループと一緒になった時、ちゃんと声かけた?」

なんか、きっと、そういう山のルールがあるんだろう・・

「ちゃんと◎◎◎◎とかいってくれないと困るよ。先頭なんだからさ」

私にはよくわかんないけど、そういうしなきゃいけないことを、福井さんはしなかったんだ。福井さんの答えは聞こえなかったけど、でも、なにもそんな、キツい言い方しなくたって。。でもそれだけ、今はみんなピリピリしてるんだ。福井さんが戻ってきた。福井さんはいつもと変わりなかった。福井さん80年も生きてて、いろんなことが今まであって、それを乗り越えてきてる。このくらいで、へこんだりしないよね・・

少し安心した。

でも、それから30分くらいして、他のグループが私達に近づいて、追い越そうとした。

その時、どういうルールがあるのか知らないけど、その先頭のリーダーが、福井さんの足を「もっとあっちいけ」みたいなカンジで払ったのを私は目撃した・・

ひどいな・・なんでそんなことを・・

登山が好きな人にそんな悪い人なんていないと思いたい・・

福井さんも大変だなって思った・・

 

ついに頂上についた。でもなななんと、まだ3時なんだよ~

あと一時間もここでじっとしてたら、まずは凍傷になる!!

「じゃあ、これからお鉢周りする人としない人に分かれま~す」

お鉢周りというのは、富士のあのへこんでる火口の周りをぐるっと歩いて、頂上の中でも、さらに、高い、とにかく本当に一番高いところまで行くこと。

私はもちろんお鉢周りすることにした。とまっちゃうと寒いから、凍傷になりたくないし、せっかくなら、

最高の感動を味わいたいし!

 

さあ、23人のうちに13人がお鉢周りすることになった。この13人は体力に余裕のあるメンバーだ!福井さんも前よりスピードが速くなってる!

体力の弱った人に気を使う必要がなくなった分、感動へと全員の心が追い立てられていた!

 

歩く道も前より危険な道が多くなってきた。しかも真っ暗だ!

それを、福井さんは、先頭になって進んでいく!

やっぱり、スーパーおばあさんだ!

 

危険なだけに、色々な声掛けが多くなってきた

「ここは狭いから気を付けて」

今度は歩く順番が少し変わっていて、私は列の中盤くらいにいたので、福井さんの声が聞こえない。そうしたら、福井さんの後ろの人から声かけ

「ここは狭いから気を付けて」

そしたら、Bさんが「ここが狭いから気を付けて」と復唱。(またBさんの後についていってる・笑)でも、みんな声がそんなに大きくない。で、最後にTOEIC教授で培(つちか)った大音声のボリュームで、私が「ここが狭いから気をつけて」といった具合に・・

 

最初私がやり始めた復唱。今度はみんなで力を合わせて復唱するようになった。

5号車の心が一つになったように感じた!

しかも要所要所で立ち止まって全員ちゃんといるかどうか確認する時も、

いつもは福井さんが一人で人数を数えてたんだけど、

誰からともなく点呼をしようということになって、

みんなで

「1、2、3!」というように、自主的に点呼するようになった。

私達5号車は、完全に心が一つになり、リーダーの福井さんをも自主的にサポートするほどになっていた・・

 

5合目から、今まで辛かった!

大変だった!

でも、もうすぐご来光だ!

みんなの心が興奮してきている!

心一つに5号車は、頂上のまた頂上へ一歩一歩進んでいったんだ!

そしてまた悪魔がささやいた

「この5号車の心が一つになった感動のできごとの発端は、私だ。私が掛け声を復唱しはじめたのが発端だ。やっぱり私は素晴らしい」

この瞬間、完璧だった私の富士登山に影がさしはじめた

« 富士登山レポートその5 山小屋到着!3畳に5人ザコ寝!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL | トップページ | 自己最高の850をとりました!最近クラスで集中的に行っている読解問題読みこみも、少しずつ成果がでていると思います!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

富士登山日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/52999029

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山レポートその6:感動のご来光目指して頂上へGO!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL:

« 富士登山レポートその5 山小屋到着!3畳に5人ザコ寝!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL | トップページ | 自己最高の850をとりました!最近クラスで集中的に行っている読解問題読みこみも、少しずつ成果がでていると思います!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »