フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« 富士登山レポートその7:感動のご来光!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL | トップページ | 富士登山レポートその9;福井さんとの別れ☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

2013年8月29日 (木)

富士登山レポートその8:富士9合目で立ち往生!SOS!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL

第8話:富士9合目で立ち往生!SOS!

さあ、下りだ!

感動だったね~

とみんなで下り♪

もう気がどっと緩み、

どうせ次は下りだし、

もう明るいし、太陽が出て、そんなに寒くもないし

みんなももう気が緩んだし、

福井さんも緩んでたんだろう・・

もちろん私も緩んでた・・

 

下りは点呼もほぼなし。

福井さんとても、

まさか、下りの好条件で、

体力自慢のお鉢周り組が、出遅れることなどもないだろうと思ったんだろう・・

実は、みんなが、すいすいと下山する中、

実は、私はみんなに追い抜かれ、完全に5号車の列から外れてしまっていた。

私は下れなくなってた・・

今までだって一時的に下ってた時は何かいだってあったのに

その時は平気だったのに、、

もう今は砂場を下ることができなくなっていたのだ。。

それは、あの時、「足が滑る」という恐怖を体験してしまったからなのだ・・

しかも、私はストックを持っていない・・もう、一歩進むのに3分くらいかかるのだ・・

私の頭をめぐるのは、「みんなに迷惑かけたくない」だけれども、もう、どうにもならない・・

本当に前に進めない。もう、下に降りられない・・私はもう、ここ富士9合目地点で一生をくらすことになるんだきっと・・

多くの人が私を追い抜いて下山する中、私は一人で、ものすごくゆっくり降りていった。

いつかきっと、また砂じゃないとこになるんじゃないか。。

でも、歩いても歩いても砂場。ずっと下を見ても、ずっとずっと下まで砂場!!

下界まで砂場!

ああ~

きっとみんな私を待ってくれてるんじゃないか・・

それを思うと申し訳ない気持ちになって。。

時々立ち止まってる女子を見ると、

あ、5号車だったらどうしよう1

って思って、それで違うと

「あ~よかった」って思うほどだった・・

てか、私がいないことに気づいてない??

 

でも、待ったりして欲しくなかった。

だって、みんなに迷惑かける・・

 

で、とにかく牛歩の歩みを続けていると、道が2手にわかれていた。

近くの人に聞いた。「◎◎山小屋はどっちですか」

その人は知らなかったけど、たまたま通った詳しい人が教えてくれた。

「あっちだよ」

もう、そこを歩く人達は、みんな家族なんだ・・

みんな家族のように心配してくれる。

そして、さらにもう3時間くらいだろうか・・

いよいよよくわからなくなった。

途中で休憩しているグループがあって、そのリーダーっぽい人に聞いた

「すいません。◎◎山小屋はどこですか?」

「あ、あそこを行って・・ま、ぼくもちょうどそこ行くから、一緒に行こう」

「ありがとうございます!でも、私遅くって」

案内してくれるのに、このスピードでは迷惑かけるのではないかと思ったんだ

「それで、みんなから遅れちゃったんです。」

「それで、みんなは今どうしてると思う?」

「私、登りは威勢がよかったんで、たぶん自分で戻ってこれるだろうって思ってるんじゃないかな」

「普通はね、こういう時は、リーダーが絶対探しにくるの」

彼は少々怒っていた。というより、声は押さえていて静かだったけど、

心の中は相当怒っていたようだった。

んん。。そうだよな・・私は大切にされてないってことなのかな・・

まあ、私はいいよ・・

だって私は今までだって、アメリカとかで、無謀は旅を続けてたし、

日本の山だって、いつも一人で怖い思いもたくさんしてきてるから。。

ここは、人も多いし、天気もいいし、まだ朝早いから、まあ、そんなに危険な目には合わないだろうって思えるし。。

でも、これが、普通の女の子だったら、どんなに可哀そうだろう・・

そんなことを考えていたら、なんだか、ひょっとして、これって、よくない現象なのかなって思い始めた・・

山小屋についたら、

入口のところに福井さんがいた。

「あ、こんにちは」と私は手を振った。

「あ、やっぱり、一人足りないような気がするなって思ってたのよ。」

男の人が言った。「この人がガイド?」

「あ、そうです。ありがとうございました」

大急ぎでしたくをする。5号車の下山の出発はあと10分後だったのだ。

下山の出発の時間に間に合うとも思ってなかったから、間に合ってよかったって思った。

でも朝ごはんを食べてない。これは良くない。

「私まだ朝ご飯食べてないんです」

福井さんは言った。

「じゃあお弁当をもらって。後で私と一緒に食べましょう」

山小屋の人に言った

「あの、お弁当をもらいたいんです」

「何号車?」

「5号車です」

「いいから、ここで食べていって。間に合うから」

大急ぎで半分くらい食べて、

靴を履いていると、山小屋の人たちが話すのが聞こえた

「ひでえよな。やっぱり一人足りない気がしたのよって、なんだよ。人の命をなんだと思ってるんだ」

みんなも、福井さんがひどいって思ってるみたい。。

普通に考えれば、確かにそうだな。。

福井さんは、私に福井さんのストックを貸してくれた。

「そういえば、あなた、下りストックなしで不安だって前言ってたわね」

5号車は出発した。

あらぁ~ストックがあると、なんて簡単なんでしょう!!

すいすい下れる!!

あらま!!

「それじゃあ、これからは自由行動です。12時50分の5合目集合です!」

いやはや・・

下りはヒドイもんだ・・

だって、ずっと同じ風景の繰り返し、ずっと滑りやすい砂場が続き、炎天下の中、日蔭が皆無!!

私は、おばあさんだからって、笑いのネタにされ、他のリーダーからも、軽くあしらわれている福井さんあっての5号車だって思ってたから、

最後に五号車のメンバーで、「最高の富士山と最高の福井さんと最高5号車メンバーに万歳」ってやろうかなって思ってたけど、なんか、したくなくなった。

てか、やっぱり、この、私が置いてきぼりをくったことは、5号車メンバーも、たぶんヒドイなって思ってたと思うから、(だって安心初心者ツアーなの)なんか、そんな私がこれをやったら、本当に痛々しくなっちゃうでしょう?

それに、ちょっと心の片隅に、自分が正しく扱われなかったような不公平なキモチがしていることも確かだった。

でも、このことで怒りは全くないし、不平不満を言う気も一切なかった。

こんな状況において、怒り出したり、不満を言ったりする人が多い中、

福井さんを前と変わらず愛したら、それこそ、イエスキリストの愛の証になるんじゃないかって思った。

それにしても、前のテンションはもう完全に落ちてた。

 

単調な下山道を歩きながら、

色々思い出してた。

5号車の心が一つになった時、

これは自分が発端となった感動の場面で、自分が凄いんだと思った瞬間から、

事態が急変したこと・・

 

私の高慢をどんな場面においてもコントロールする良いトレーンングだった。

これで最後までうまくいったら、私の高慢は際限なく暴走していただろう(笑)

 

なんと熱い、長い、ツライ、単調でつまんない、この下山道・・

ア~

ついに6合目についた時はもうクッタクタ!

けれども、まだまだあるよ~

途中で馬やさんに出会う。

「馬で5合目までお連れしますよ~

1人1万2千円です」

はあ??

ないし、そんなお金・・

 

もう、限界だ~

しかし、とにかく歩く、歩く、

歩いて歩いて歩きまくる・・

ついに5合目につく・・

下山ノートのチェックを入れる。

まだ11;30だった。

まだ余裕ある~

プロテインとって、なんか、肉食べよう!!

毎週土曜配信のTOEICミニレッスン動画です。
今週は、パート7のメールの問題の効率の良い解き方。
あろうことか、ベットの上からレッスン・・

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★アルパカでも、毎週コツコツこれさえやっていけば、必ずTOEICの問題が解けるようになる、ワークブック形式のメルマガどんどん購読者倍増中です。今は「補語」や「目的語」や5文型の基本をやってます。ちょっと難しくなってるかもしれないけど、その後も色々な文章で復習しながら、知識だけじゃあなくって、しっかり身に着けていきましょう♪
ちなみに今日は第三文型をやりました。
初めてのTOEIC基本文法まずはこれだけ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
メルマガ「初めてのTOEIC基本文法まずはこれだけ」
月、水、金とご自宅に配信します。
わかりやすくて楽しい説明で、問題を解きながら、TOEICに必要な単語を暗記したり、文法事項を深く身に着けてていきます。
できたら、毎日やってください。(火曜日は月曜日の復習、という具合に)
もし大変だったら、月、水、金と週3回。さらにもっと大変だったら、土日にまとめて一週間分こなしてください。
とにかくコツコツ続けていけば、かならず、あの難しいTOEICを解く力がつきます!一緒に頑張りましょう☆感謝
ここから登録☆サンプルも読めます
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

6月26日発売「TOEIC頂上制覇」で解説、コラムを書いています。

最近の難化したTOEICに準拠したTOEIC本はこれだけかもしれません。

4回分の問題と、トリプル摸試までついて、まあ7回分の問題がはいってこの値段はオトク!

51mgd9zugil_sl500_aa300_

« 富士登山レポートその7:感動のご来光!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL | トップページ | 富士登山レポートその9;福井さんとの別れ☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

富士登山日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/53076352

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山レポートその8:富士9合目で立ち往生!SOS!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL:

« 富士登山レポートその7:感動のご来光!☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL | トップページ | 富士登山レポートその9;福井さんとの別れ☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »