フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

  • 実録!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!
    小学校2年生から学校に行っていないKING君19才・・ もちろん中学校の英語の授業なんて受けてない・・ さて、このKING君が突然勉強する気になった!! 理由はわからない・・ KING君は多くを語らないからだ・・ 我PTL英会話慶子社長は、そんなKING君がTOEIC900点をとるお手伝いをすることになった! このブログは、慶子社長が記録する、KING君との実際のレッスンの実話です!! 毎週レッスンのたびに更新!! 実話です! ガンバレKING君!!立て!立て!立つんだ!KING君!!

« 国際免許ゲット | トップページ | 一日公開講座レポート☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

2013年10月 4日 (金)

遭難レポートその9:KING君が不登校になったこと☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL

heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart01

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
TOEIC満点講師ウィットロック慶子と
 LAからスカイプレッスン
happy01happy01happy01いかが?45分4500円happy01happy01happy01
shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02heart04heart01heart02
申込はkeikowhitlock@gmail.comへ。
さあ、遭難レポートの続きです。

9話:KING君が不登校になったこと

でも、2時くらいが、きっと寒さのピーク?

よくわからないけど・・

ここで乗り越えれば・・

しかし、雨がまた激しくなってきて、

また耐え難い寒さが始まった!

とにかく、あともう少し!

あともう少し頑張ろう!

もう一度時計を見る

2時5分・・

そりゃそうだ・・

私が時計を見たのがわかって、

KING君が聞く

「今、何時?」

「2時5分だよ」

私はまた祈り続ける。

「神様、なんでまた雨を降らせましたか?

私達は寒くて耐えられません!

雨を止ませてください!」

ずいぶん祈った。

時計をみた。

は?2時10分・・

全然時間がたってないから、

あえてKING君に教えてあげるほどのことでもないと思ったが、

KING君も気になってるようで、

私に聞いた

「何時?」

「2時10分だよ」

その後も今何時かなって何度も見るんだけど、

だいたい、5分くらいしかたってなくて、

ものすごくガッカリするので、

あまり時計を見なくなった。

そして、また祈り始めた。

「これは誰への試練なんでしょう・・

なんでこんなことになってるんでしょう・・

神様、あなたは私達の耐えられない試練は与えないと、聖書に書いてあります。

でも、耐えられるギリギリの線までの試練で、私達の品性を練っているのですね・・

もし、これがKING君への試練だとしても、

私は、そのKING君の試練に付き合う義務があります。

義務というか、責任があります。

なぜなら、私は母親として、KING君をたくさん傷つけてきました。

もちろんわざとではありません。

わざと傷つけたことなんか一度もありません。

このことだけは確かです。

ずっと、よかれと思ってやっていた。

だから、最近まで、

私がKING君を傷つけたとは、これっぽっちも思ったこともなかった。

でも、KING君はたくさん傷ついていたようだということを、

最近知りました。

だから、KING君の試練に私はつきあう義務と責任があるんです。

もし、こんなことで、私がKING君に対して犯した罪が赦されるのなら、

そんなにありがたいことはありません。

あなたは、私も含め、人類すべての罪のために、身代わりになって、

十字架にかかって死んでくださいました。

だから、私の罪も赦されています。

しかし、自分のやった過ちの結果おきていることについて、

その結果の後始末というか、責任をとることは必要でしょう・・」

私はKING君を生んだとき、

子供の育て方なんてわからなかった。

きっとどの親もわからないんだと思う。

だけど、自分が育てられたように、

それとか、世間が「こういう風に育てるべきだ」

というのに合わせてというか、

なんだか、そんな風にして暗中模索の中育てているだけなんじゃないかって思う。

こういう風に育てればいいと頑張っても、

自分の思っていた風にはならない・・

でも、それでも、その時の自分の中で、一番正しいだろうという方法をやるだけ・・

「私は、どう対処していいかわからない時に、

あなたに伺いをたてませんでした・・

もうクリスチャンだったのに、

どのように子供を育てるべきか、

いちいちあなたに伺いをたてて、

あなたにしたがって育てる、ということを一切しませんでした・・」

ただ、自分が「こうあるべき」

という判断でやってきた・

「こういう母親が良いと世間ではされている」

みたいなものとかが基準になっていた

それで、私はKING君を知らずに大きく傷つけ続けていた・・

一つ、ずっと気になってることがあった。

KING君が3歳くらのころ、

私が携帯で誰かと話しているところに、

「まま~」と言って、

私に抱き着いてきた。

その時、私は子供がいることを話していない、

ビジネスの相手と話している最中で、

子供の声が聞こえるわけにはいかなかった。

それで、私は

「し~」

と、人差し指を口の前にたて、

黙るように合図をした。

しかし、私も声をたてられないから、

目と表情が、凄く怒っていたか、

または、「こっちにこないで」

「あんたは邪魔だ」みたいな表情になっていたんだろう・・

その時、小さなKING君の表情が、

サッと変わり、

凍てついた表情になった・・

「傷つけてしまった・」

その時私は思った・・

小さなKING君を傷つけてしまった・・

あれから、KING君はいつもどおり、

明るくて元気な男の子だったけれど、

その傷は、ずっと心の奥底に残っていて、影響を及ぼしているんじゃないか・・

 

それから、小学校一年生の頃に、

六年生の子が、ランドセルをひっぱって、

KING君をいじめたので、

KING君は、その6年生の子をぶん殴って、泣かせてしまった。

そのことで、KING君が悪いということになった。

今思えば、そのくらいでいいんだって思えるけど、

当時は、そのことで、私が母親として、

間違ってるって思われるかもしれない、みたいな恐怖が先に支配して、

きっと母親はこんな時こうするべきって人は思うんだ、

みたいな判断をして、

KING君に事情もよく聞かずに、

KING君を一発平手うちした。

そして言った。

「どんなことがあっても暴力をふるってはいけない。

やられても、やりかえしてはいけない」

夫の暴力で離婚した私にとって、

暴力というものは、悪の権化のようなものだったし、

KING君に、暴力が絶対いけないものだ、

と教える自分は正しいという変な確信もあった。

でも、結局すべて世間が私を良い母親と思うかどうかが、

すべての判断基準になっていた。

 

それから、KING君はやられてもやりかえさなくなった。

そしてKING君はいじめられて、不登校になった・・

 

KING君は、そ

いろんな影響を及

れは違うと言っているけれども・・

 

私には、どうもそれが原因だったように思えて・・

 

それから、KING君は不登校生や自閉症児が通う、

情緒障害学級に通うことになる。

そこで、KING君が自閉症児をいじめた、と先生から連絡をもらい、

私は大急ぎで、学校に出向いた。

 

話を聞くと、

KING君は友達と一緒にボール投げをしていて、

それを自閉症児の子にぶつけて楽しんでいたというのだ。

私は、ろくにKING君の話も聞かずに、

この、子供がいじめをしたという学校からの報告で学校に呼び出された母親という、

その立場から、母親はどういう風に対処すべきか、という判断基準しか思いつかなくて、

私は、そこでKING君を一発ひっぱたいた!

「いじめてはいけない!」

「いじめは悪いことだ!」

「悪いことだ!」

 

KING君は泣いていた。

いじめが悪いことだと、子供に分からせる母親。

それが、世間の思う正しい姿だと思って、そうしたんだ。

そして、私は、いじめられる母親の側にずっといたから、

自分が「いじめる方の母親はこうするのが正しいと世間が思うに違いない」という

母親像を実行した。

いじめられたという自閉症の子のところに行って、

泣きながら謝った。

「KING君がキミのことをいじめてごめんね。

ごめんね。

ごめんね。」

ところが、その子は、

全然気にしてないみたいで、

え?一体なんのこと?

みたいなカンジでケロッとしていた。

あらら??

これはどういうこと?

自閉症の子だから?

自閉症の知識のない私はちょっと戸惑った・・

 

あとから聞いた話だ。

KING君とその友達は、別にそんなにいじめたというわけでもなく、

ふざけていただけだった。

その、ボールというのも、

別に野球のボールとかじゃなくって、

なんか、大きい、ビニールの、やわらかいものだったらしい。

でも、はたからみると、障害のある子にぶつけて、

その反応が少し変わっていて、しかも楽しいから笑ってたんだろうけど、

ヒドイことをしているように見えたのかもしれないってことがわかった・・

 

KING君は最近言った。

「あれは、どうして、オレのことをぶったの?

オレは何でぶたれたのか、

さっぱりわからなかった」

 

自分が先生に言われたことで、

自分が母親として正しい行動が何なのかだけに一生懸命になって、

KING君にろくに事情も聴かずに、・・

私は正しいことを教えようとして、母親として、

正しいことをしたつもりが、

ちっともKING君には伝わってなくて、

なんの教育にもなってなくて、

ただ、愛されるべき母親に暴力を振るわれた、という記憶が残っただけだったんだ・・

 

「私は、KING君に

{たのむから死んでくれ}とか頼んだことがあります。

{ダメ人間}と何度も罵倒したことがあります。

私は本当にひどいことをたくさんしてきました。

KING君のこころを酷く傷つけてきました。

どんなにひどいことをしていても、

心の中では、母親として正しいことをしている、

という思いがありました。

 

私は、どうしていいかわからない時、

あなたに、伺いをたてるということを、一切しませんでした。

自分で、{世間が思う、良い母親がするべきこと}

を判断して、それをしていたにすぎません。

 

私は、あなたに、指示を仰ぐことを、一度もしませんでした。

私は、良かれと思って一生懸命していたことが、

すべて、KING君を傷つけました。

 

KING君が不登校になったのは、

学校のいじめが原因だと思いました。

でも、学校で何があろうが、

母親が正しく対処していれば、

事態は大きく変わっていたと思います。

直接の原因が何であれ、

最終的な子供の責任は親にあります。

 

私があなたにいつもいつもつながって、

あなたの指示に従っていれば、

こんなにKING君を傷つけることはなかっただろうに。。

あなたに一切伺いをたてずに、

勝手にKING君を育てました。。

そして、こんなに傷つけました。

赦してください。

そして、KING君の傷をいやしてください。

KING君のこれからの人生を守ってください。

強いKING君も人間です。

KING君だって、やっぱり弱い人間です。

不安、恐怖、心配、色々あると思います。

でも、あなたの力で、

KING君が、

愛と勇気と希望と喜びでいっぱいの毎日が送れるようにしてください。

あなたが、KING君に用意しているすばらしい人生が、

どんなものか、私にはまだ全然わかりません。

見当もつきません。

でも、あなたが、誰も思いつかなかったような、

素晴らしいKING君の人生を、もうすでに用意してあることを信じます。

それを、心待ちにして心躍らせています。

KING君の人生を守り、祝福し、

健康、成功、やりがい、希望、喜び、幸福でいっぱいにしてください!」

時間を見た。

3時だった・・

KING君が言った

「何時?」

「三時。もうすぐだよ」

「ああ」

「KING君、本当にごめんね。

ままは、無知で無能なりに、頑張ったつもりだけれど、

神様の力を借りようとしなかったから、

結果KING君をたくさん傷つけてしまった。

本当にごめんな」

KING君は黙っていた。

私はずっとずっと祈っていた。

もうすぐだ・・

もうすぐ日の出だ・・

もうすぐだ・・

あとひといきだ・・

☆☆☆☆☆☆☆

さあ、次回第10話は、日が明けます!
お楽しみに!

 

☆☆☆☆☆☆☆

毎週土曜配信のTOEICミニレッスン動画です。

今回は、前置詞given, not only but alsoの倒置、現在完了経験のhave been toなどのことを話しとります。
★アルパカでも、毎週コツコツこれさえやっていけば、必ずTOEICの問題が解けるようになる、ワークブック形式のメルマガどんどん購読者倍増中です。今は「補語」や「目的語」や5文型の基本をやってます。ちょっと難しくなってるかもしれないけど、その後も色々な文章で復習しながら、知識だけじゃあなくって、しっかり身に着けていきましょう♪
ちなみに今は、不規則動詞をせっせと一緒に覚えてますよ~
初めてのTOEIC基本文法まずはこれだけ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
メルマガ「初めてのTOEIC基本文法まずはこれだけ」
月、水、金とご自宅に配信します。
わかりやすくて楽しい説明で、問題を解きながら、TOEICに必要な単語を暗記したり、文法事項を深く身に着けてていきます。
できたら、毎日やってください。(火曜日は月曜日の復習、という具合に)
もし大変だったら、月、水、金と週3回。さらにもっと大変だったら、土日にまとめて一週間分こなしてください。
とにかくコツコツ続けていけば、かならず、あの難しいTOEICを解く力がつきます!一緒に頑張りましょう☆感謝
ここから登録☆サンプルも読めます
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

6月26日発売「TOEIC頂上制覇」で解説、コラムを書いています。

最近の難化したTOEICに準拠したTOEIC本はこれだけかもしれません。

4回分の問題と、トリプル摸試までついて、まあ7回分の問題がはいってこの値段はオトク!

51mgd9zugil_sl500_aa300_

« 国際免許ゲット | トップページ | 一日公開講座レポート☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »

富士登山日記」カテゴリの記事

生きるということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170956/53490902

この記事へのトラックバック一覧です: 遭難レポートその9:KING君が不登校になったこと☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL:

« 国際免許ゲット | トップページ | 一日公開講座レポート☆990満点講師ウィットロック慶子のTOEICスクールPTL »